目が廻るほど忙しい医師の大切な資産形成を守る方法

骨組み確かな事業計画を

ウーマン

自由診療も入れ柔軟な治療

整骨院を開業するのは割とおそらく思っているより簡単でどなたにでもできます。独立開業をかなえる仕事の中では1,2を争う簡単さです。開業するのは簡単ですが、評判のよい整骨院に育て上げるにはある程度の技術としっかりとしたコンセプトが必要です。骨組み確かな事業計画を作成し、整骨院開業の準備を進めていきましょう。整骨院を開業する際、保険請求できる診療メニューと自由診療となる診療メニューができあがります。保険請求できる診療は安価で治療ができ、患者様の負担は少ないですが、選べる治療が限られていますので、本当はもっと効率よく体の痛みや動きの悪さを改善できる治療があるとわかっていても提供できません。最近は自由診療メニューで診療にあたる日を設けて、幅の広い治療ができる整骨院を開業する方が増えています。整骨院で保険を取り扱うには地方厚生局や都道府県知事と受領委任契約を交わす必要があります。医療機器を導入するかしないか、する場合にはどのような医療機器を導入するかは重要な問題です。事業計画を作成する際に目指す整骨院の方向性をしっかり出し切り、精査していく必要があります。保険請求に必要な知識や患者さんに対応する際の対応力強化など開業を成功させるためには開業支援の講座を開講しているので、それらの講座をしっかり受けて置くと良いです。整骨院を開業することは目標でありながら実際は始まりです。患者様に何度も通っていただける整骨院を作り上げ息の長い経営を叶えるため事業計画は大切ですので今一度見直しましょう。